image
 
ガッハッハッハッハ!!大魔王ポルポルだ。

ママチャリに乗って日本を一周しておる。


2015年6月27日、ついに
ママチャリで青森港から北海道まで津軽海峡フェリーで渡ることができたのだ。

といっても、青森港から北海道にどうやって行くのかわからない人間も多いだろう。



そこで今回は、青森から北海道に渡る方法を紹介しようではないか。


目次


・青森から北海道まで渡る方法


1.ゆったりプラン!津軽海峡フェリー、青函フェリーで渡る方法

2.旅行は電車でしょ!JR線を使う方法

3.いや、北海道新幹線を利用する方法

[要注意!]自転車・ロードバイクを電車に乗せる方法

青函フェリーに乗った体験談

北海道に着く前に用意しておきたいもの
スポンサーリンク

青森から北海道まで渡る方法

566a10cb304cacd773be566acb52c1df
まず、北海道に渡る方法は3つある。


▼1つ目

青森港から函館港まで「津軽海峡フェリー」又は「青函フェリー」を利用する方法。

所要時間は平均3時間程度(フェリーにより異なる。)
比較的、ゆっくりと旅がしたい人向け、車を持っている人向けの方法だ。


▼2つ目
青森駅~函館まで「JR線」を利用する方法
所要時間2時間。時間重視に動いている人向けのプランだ。


▼3つ目
「北海道新幹線」を利用する方法
所要時間1時間。新幹線のためお金は高くなるが、すぐに着くので便利である。


ぞれぞれの料金を比較すると以下の通りになります。

hakodate-aomori

※1:往復割引(復路運賃が1割引)
※2:インターネット予約割引(1割引)
※3:北海道お先にネットきっぷ(webのみ14日前までの予約)
※4:青函回数券(6枚つづり、1枚あたり価格)


1.ゆったりプラン!津軽海峡フェリー、青函フェリーで渡る方法


tkf_vayu_120901_1

比較的ゆっくりした旅を望んでいるのならばフェリーを使うことをオススメします。

青森県から北海道に渡るフェリーは「津軽海峡フェリー」と「青函フェリー」に分けられます。我輩は青函フェリーに乗りました。

青函フェリーだと、函館から青森間が1630円~で行けるのでお得で一番安い方法です。

また、津軽海峡フェリーの場合は、ネット割引適用で1割引きされるサービス


車やバイクを乗せて回っている人は、フェリーで行くのがオススメです。

が!ここで、注意点があります。それは、車両運賃、特別車両運賃の場合は別途費用が掛かってくるということ。コチラのリンク先に詳しく載っているので、当てはまる人は確かめてみてください。同時にネット予約もできます。

津軽海峡フェリー:ホームページ

青函フェリー:ホームページ


2.旅行は電車でしょ!JR線を使う方法


d21f9f7d

JR線を使えば、2時間程度で北海道まで行くことができます。

もちろん、料金もグーンと上がって、5490円になります。

さらに、車やバイクを運ぶことはできません。(自転車、ロードバイクなどの場合は、輪行カバンを用意すれば運ぶことはできます)


3.いや、北海道新幹線を利用する方法


img01

新青森駅から新函館北斗駅まで、「北海道新幹線」を使って渡る方法もあります。
通常料金だと7260円ですが、webで14日前に予約すると4350円で行くことができます。

2910円お得に買えるので利用するときは事前に予約しておくことをオススメします。

予約フォーム:北海道ネット切符

出張や旅行時にも使えるので、とても便利!フェリーやJR線に比べると、やや値段は高くなりますが、思い出に残ることは間違いありません。

旅行好きな方にオススメの方法になります。


[要注意!]自転車・ロードバイクを電車に乗せる方法

電車や新幹線で自転車やロードバイクを運ぶ際には、輪行バッグが必要になってきます

これがないと切符売り場で止められるんですよ。ガチで!なので、輪行バックの購入も強くオススメしておきます。

ちなみに、我輩は輪行バックがなかったため、ママチャリを分解した後に駅員に止められました。キツかったww
IMG_4496

IMG_4495


IMG_4480


こんなことにならないために是非ww!

青函フェリーに乗った体験談


IMG_4513

フェリーの中には、自動販売機、毛布、テレビなどが設置!ゆったりとくつろげるスペースが完備されていた。

4時間程度の航海なら、くつろぐことは可能だぞ。

ただし「船酔いの薬」は必要だと思われる。けっこう揺れるので、心配する人は持っていくのがいいと思われるのだ。

北海道に着いたら用意しておきたいもの 


・レンタカー

北海道の広さ...侮ってはいけません。我輩はママチャリで一周したので身をもって忠告しておきます。
で!北海道に着いたら必ず用意しておくといいもの。それがレンタカーの予約です。

広すぎてどこにも行けない!と言っても過言ではないです。なので、北海道に着く前に交通手段として手配しておくといいです。

北海道の格安レンタカー 予約ならスカイレンタカー

函館から札幌まで片道4時間です。もちろん電車という手段もありますが、車で行く方がいいですよね。札幌市のおすすめ情報はコチラに記載しておくので、ぜひ参考にしてください。

参考記事:【旅行テクニック】「北海道 札幌」で行くべき。おすすめスポット5選!


・ホテルの予約

北海道に旅行する...の前にホテルの予約も!そんなときは「 DeNAトラベル 」が断然お得!お得なクーポンが溜まりやすいので、タイミングを見計らえば格安で予約できます。


▼ホテルの予約は以下のバナーからできます


『もっともっと格安価格で豪華なホテルに泊まりたい!』


そんな強欲な方には、ホテルのキャンセル権を売買できる「Cansell」もオススメ。

最近できたサービスらしく、2016年11月15日現在では、出品数も少ないですが、2万円くらいの宿泊権が8000円などの格安価格で売り出されているケースもあります。良い時代どすなぁ。。

関連記事:ホテルのキャンセル代を浮かすなら「Cansell」を使うべし!

・防寒着

忘れてはいけないのが防寒着。これ必須ですw
北海道は寒いですからねぇ。真夏といえど侮れないです。

1枚でも服を余分に持っていくなどの対策は必須です。ホント寒いのでww

 


人気記事

[短所を克服!]長所を伸ばすためにやるべき2つの診断

[転職診断!]大魔王ポルポルの年収は620万円!

[おすすめ!]バーチャルリアリティーの世界を体験してきたよ!


プロフィール
bc697bf888b01b3cd628ebc76b7f82ada97744a8



大魔王ポルポル/ホームレス

日本一周をママチャリで達成する。その後、クズとなり、仕事もせず、ダラダラとホームレスな生活をしている。しかし、その後はアフリカに行こうとしている。ブログを通じて助けを求めたり、グチをこぼしたり、小遣いを稼いだり、とにかくクズ


トップページおすすめ情報 > 青函フェリーに乗ろうと、自転車を分解して「北海道 函館」に渡った話